単勝と複勝を使い分け、回収率を上げてトリガミを回避する3つのポイント

どうも競馬大学のみなみです。

競馬には数多くの馬券が存在しますが、初心者にも買いやすい馬券は単勝・複勝の2点でしょう。

 

特に複勝は選んだ馬が3着以内に入選すれば配当が得られることから、数ある馬券の中でももっとも的中しやすい馬券となります。

 

単勝も人気の馬券で、選んだ馬が1位に入選すれば配当が得られます。

 

2つの馬券の共通しているポイントは、1頭だけを選べばいいということです。

 

馬連や三連単になると、複数の馬の組み合わせを考えなくてはなりません。

ボックス買いやフォーメーション等、組み合わせも増えるため、予想するのに時間がかかります。

 

それに対して単勝・複勝は1頭さえ決めてしまえば馬券を買えるので、馬連や三連単に比べて考える時間も短縮できますし、ボックスやフォーメーションといった組み合わせもありません。

 

ただし、的中しやすい分、払い戻し金額はすべての馬券の中でも安く、配当妙味は少ないです。

 

ここでは、単勝・複勝について説明しながら、回収率を上げるためのポイントをまとめています。

単勝・複勝でのトリガミの原因

単勝・複勝は1点買いでも比較的的中しやすい部類に入ります。

そのため、多くの人は1レースに1点、単勝・複勝の馬券を購入するでしょう。

 

単勝・複勝でトリガミになるケースは、一重に多点買いしてしまったことが原因です。

 

例えば、複勝オッズが

A 1.2倍
B 1.5倍

という馬を2頭、それぞれ1000円ずつ購入したとします。

 

Aの馬が3着内に来た場合、払い戻しは1200円です。

Bの馬が3着内に来た場合も払い戻しは1500円です。

 

このレースで上記の複勝2点のみしか馬券を購入していなかった場合、A.B両方の馬が3着内に入選しない限り、馬券購入費用2000円以上の払い戻しは見込めません。

単勝でも同じことがいえます。

 

例えば単勝オッズが

C 1.8倍
D 1.9倍

の馬を2頭、それぞれ1000円ずつ購入したとします。

 

これも、複勝の例と全く同じでCの馬が来てもDの馬が来ても、投資金額2000円を下回り払い戻しで、トリガミになります。

 

単勝の場合は、同着でない限り1点しか馬券は的中しないのでよりトリガミになる確率は高いです。

そのため、単勝・複勝でトリガミになってしまう人の多くは多点買いしていることが原因なのです。

対策その1 多点買いを控える

では、単勝・複勝買いで、トリガミにならないためにはどうすればいいでしょう。

 

極めてシンプルにまとめると、多点買いを控えることです。

 

これは、馬連や三連単にもいえることですが、トリガミの原因は資金分配と多点買いが原因で、一点買いの場合はトリガミになることはありません。

 

そのため、馬を絞ることが大事です。

 

そうなると、多点買いに比べて一点買いのほうが的中する確率は低くなります。

一点買いの辛い点はそこで、的中して初めて配当が得られる競馬において、どうしても多点買いしたくなりがちです。

 

ただ、的中率自体を上げる方法も存在します。

対策その2 出走頭数の少ないレースを選択する。

具体例をあげます。

例えばフルゲート18頭のレースの単勝的中率は、1/18です。

逆に、12頭立てのレースの単勝的中率は1/12です。

 

フルゲートに比べて12頭立てのレースのほうが3割近く勝率が高いです。

フルゲートの複勝率は1/6ですが、12頭立てだと1/4まで下げることができます。

 

もちろん、フルゲートに比べて頭数が少ないほど馬券妙味は少なくなりますが、競馬で収支をあげるには大前提として的中させることが必須です。

 

なので単勝・複勝でもなかなか勝てない人は、一度頭数の少ないレースで予想することをおすすめします。

対策その3 多点買いで収益を上げるにはオッズを見る

単勝・複勝の多点買いで収支をプラスにあげるには必ずオッズを見ましょう。

特に、投資金額を下回り買い方は必ず避けたいですね。

 

というのも、単勝多点買いでは、不人気馬同士で絡めたら基本的にトリガミになる可能性は低いです。

 

単勝多点買いで10点、それぞれ1000円ずつ購入し、いずれの馬の払い戻しも10.1倍以上であればトリガミは回避できます。

 

複勝も同様で、フルゲートで3頭の馬を複勝でそれぞれ1000円買い、その3頭の払い戻しが3.1倍以上ついていたら的中した場合プラス収支にもっていけます。

 

そして単複買い(単勝・複勝の組み合わせ)でも同じことが言えます。

 

例えば

単勝オッズ5倍。複勝オッズ1.8倍の馬がいるとします。

 

その馬に単勝500円。
複勝500円。

合計で1000円の馬券を購入したとします。

 

その馬が
2~3着に入選した場合。

単勝 はずれ
複勝 500円×1.8=900円

とトリガミになります。

 

しかし、

単勝200円
複勝800円

で購入し、その馬が2~3着に入選したら

単勝 はずれ
複勝 800円×1.8=1440円

で黒字になります。

 

なので単複も多点買いの一種になるので、トリガミを避けるためには常にオッズの変化を察知し、買い方もその都度考える必要があります。

最後に

トリガミを回避するには、買い目を控えることとオッズを常にチェックすることが大事です。

 

初心者の場合は的中することだけを考えてついつい多点買いしてしまいがちですが、当てても払い戻しがマイナスであれば元の木阿弥です。

 

また、頭数の少ないレースを絞ることも大事で、フルゲートのメインレースや重賞・G1だけを買うにはかなり危険です。

 

未勝利戦や条件戦でも小頭数のレースはいくらでもあるので、そこから当てる練習を始めることも大事です。

また、オッズは流動的に変化するので常に見ながら資金分配をしましょう。

 

はじめは、難しく思えますが覚えてしまえば簡単にできることです。

馬券を当ててもトリガミだと気持ちも上がりません。

的中してなおかつ収支もプラスであるように、練習していきましょう!

___________________________________  

ブログランキングにも参加しています! よかったらこちらをクリックして、応援してくれると嬉しいです。

 
またLINE限定で無料予想回収率130%の秘密の馬券術を無料プレゼントしているので、是非こちらからご登録ください!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です